わくわくしてもらえていたら良いのですが…


今朝の未明に更新した、「コーヒーの全成分が解明される!」という記事ですが、
エイプリルフールのネタでした! というわけで、全然解明できてるわけなんかありません。

有機化学で構造決定のデータ分析をやったことのある人ならわかると思いますが、
混合物のスペクトルを解析するのは本当に至難の業です。
ほとんど純物質と言うレベルできちんと分離してやらないと、スペクトルがぐちゃぐちゃで
分析なんてほとんど無理な状態です。

でも、コーヒーに約800種類のフラボノイド類などの有機物が含まれている、というのは本当です。
私もコーヒー好きの一人として、この全成分と濃度が解明されたら、とっても面白いと思うのですが…

科学の進歩に期待、ですね!

今まで、コーヒーには約800種類のフラボノイド類などの物質が含まれているとされていましたが、
ついにその成分のうち788種が解明できたそうです。

混合物の分析方法の進歩はすごいですね!

論文自体は、次のNature Chemistryに掲載されるそうです。

すごく楽しみですね!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。