潮解した塩化亜鉛の扱い。


この前、実験をやろうと思ったら…で話題に出した、塩化亜鉛ZnCl2の潮解ですが、

面白い解決策を耳にしたので、公開しておこうかと思い立ちました。

 

飽和塩化亜鉛水溶液の濃度が約12Mだから、それとして扱えばいいんじゃないの、と…

た、確かに…

どうせ高校で使うならそんなに細かく定量する必要ないんだし、

実際のところ、約12M溶液として扱えばいいよなぁ。

 

という、半分以上備忘録的な内容ですが。

 

明日は、なぜか研究会の講師(?)のようなことをしなければいけなくなり、

ここのところは、その予備実験などで追われていました。

来週に入ったら、何の実験をやろうかなぁ…!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。