化学反応に伴う電子移動


近年は、アト秒化学と呼ばれる技術が発達しつつあります。
アト秒とは何かと言うと、1.0×10^(-18)秒、つまり、1000000000000000000分の1秒(0.000000000000000001秒)を表す言葉です。
このようなごく短い時間の単位で、反応中の分子にレーザー光を照射し、それによって電子の移動を観測するのが、アト秒化学と呼ばれる分野です。この技術の発達によって、少しずつ化学反応の仕組みが解明されつつあります。
これまでは、量子力学的な計算によってしか化学反応の仕組みを知ることは難しい状況でしたが、レーザーパルス技術の発達によって、量子力学的な仮想的な系だけでなく、現実的な系についても反応の検討が技術的に可能になっています。
さらに、アト秒化学によって、NO2やベンゼンなどの振動によって安定構造を作る分子についても、その振動の過程が分析できるようになりました。このことで、これまで通説として語られていたことも、99.9999%真実であるという確証が得られました。

これからも、技術発展が続くでしょうが、これまでの常識と、これからの常識と、どのように変化していくのでしょうか。

参考記事:Watching Motion of Electrons in Molecules During Chemical Reactions

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。