運命の決する日。


地震のせいでずれ込んだ成績処理も、もう大詰め。

既に欠時オーバーで単位取得の見込みが立たない生徒については進路変更を考えて動いていますが、

ここから大変なのは成績が足りずに単位取得ができない生徒。

今日も、来年の遠足の下見を午後いっぱい使ってやって、コースの候補をいろいろ見て回って学校に帰ってみると、成績が足りずに単位修得の見込みが立たないと通告した生徒が保護者と共にやってきました。

こういう所で点数が足りなくて成績が足りないんですよ、ということはきちんと説明して、他の生徒と同じように採点した結果、今まで単位修得の基準として伝えてきたラインに到達しなかったんですよ、という話をきちんとして、そこは保護者の方にも納得していただけました。

でも、そうやって話をする中で、今年1年間の自分の教育活動について、深く考えなければならないな、ということを痛感しました。

たしかに、今年は1年目で、様子も全く分からず手探りの中で、いろいろ方法についても試行錯誤して模索していた部分も多くあります。

そうした中で、やはり私自身がもっと努力してわかりやすい授業にしていかなければならなかったという点について、私にも落ち度があるのではないかと思うのです。

そうした思いや、心を入れ替えて頑張るという生徒の決意を見てみたいという気持ちから、生徒には辛いことかも知れないんですが、あと1日だけ、課題の提出を待ってみることにしてみました。

そんなこんなで、私は明日も授業0ですが遅刻できなくなりました。

しかし、楽しみなような、一方で不安なような、落ち着かない気持ちで明日も学校に行きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。